猫の種類

【ラグドール】穏やかで気品溢れる大型種のラグドール。瞳の色も魅力的

2016/08/03

ラグドール

ラグドールというかわいらしい名前のこの猫は、大きい体と穏やかな性格、綺麗な瞳と気品に満ちた姿で、世界中に多くの人に愛されています。また、人や外のペットとも仲良くできる懐の深い猫です。きっと一度飼ったら虜になること間違いなしです。

原産等について

ラグドールはアメリカ原産の比較的新しい種類です。ラグドールという名前は英語でぬいぐるみという意味です。名前の通り大変おとなしく、抱っこをしても本物のぬいぐるみのようにじっとしています。性格が穏やかで他のペットとも上手に暮らせます。家具等を傷つけることも少ないため、室内で飼う猫としては大変適しています。

体は大きく、体重はオスで5~7キロ、メスで4~5キロ程になります。大きいオスですと10キロを超えることもあります。ラグドールは他の猫に比べてゆっくりと成長するため、完全な大人の体つきになるまで3年程度かかります。大きい体を支える骨格はがっしりとし、筋肉質でもあります。また、食事はしっかりと食べてくれるため肥満には注意が必要です。寿命についてはおよそ14年前後といわれます。

歴史やルーツについて

1950年代頃、アメリカのアン・ベイカーという女性のところで、穏やかな性格とふわふわとした毛を持ったストライカーという名の猫が飼われていました。愛猫亡き後、アン・ベイカーはストライカーによく似た猫を生み出し事を決意し、ブリーダーになります。そして1963年、ペルシャとバーマンの交配により今のラグドールのベースとなる猫が誕生しました。

その後、ペルシャやバーミーズ等と交配を重ね、努力の末に美しい毛並みと穏やかな性格を持った現在のラグドールが完成しました。2000年にはCFAにも公認され、今日では大変人気のある種類になっています。アン・ベイカーがベースとなる猫を生み出してから約半世紀の比較的新しい種類なのです。

性格や特長について

大変穏やかで人懐こい性格をしており、「ラグドール」という名前の通り抱っこされてもおとなしくしてくれます。また気立てがよく、小さな子供や他のペットに少しぐらいちょっかいを出されても、激しく反応したりせずに根気強く接してくれる大変利口な猫です。

大変美しいブルーの瞳を持ち、白を基調としたふわふわとした長い毛に、ブラウスやクリーム、チョコレート、レッドやブルーのポイントカラーが相まって大変気品のある姿をしています。尾もふさふさと毛が豊富です。毛並みはシルクのようで、多くの人々を惹き付けます。抜け毛はやや多く、長毛種なので毎日のブラッシングは必要ではありますが、毛は絡みにくくお手入れはそれほど苦労しません。

-猫の種類
-